TDLA日記(Diary)

アクセスカウンタ

zoom RSS 【イタリア旅日記6】ローマ市内の観光情報

<<   作成日時 : 2011/07/27 20:24  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

イタリア文化研修 で ローマに滞在される方を中心に、

それ以外にも観光などでローマを訪れる方々に向けて有益な情報をお届けします。


ローマ市内を観光する場合にまず入手したいのが、乗り放題チケット。

1回券だと地下鉄やバスに乗るたびに「刻印」をしなければならず面倒です。


そこで、一定期間滞在するならぜひ乗り放題のチケットを入手すると便利です。


「1日券」(B.I.G、Biglietto Integrato Giornaliero)は、u当日の24時まで乗り放題。4ユーロ。

「3日券」(B.T.I、Biglietto Turistico Integrato)は、刻印から3日目の24時まで乗り放題。11ユーロ。

「1週間券」(C.I.S.、Carta Integrata Settimanale)は、刻印から7日目の24時まで乗り放題。16ユーロです。


いずれも、「刻印」は最初の1回だけでいいものの、
地下鉄に乗るときにはチケットを改札に通す必要があります。
なくさないようにしましょう。


Spagnaのような、比較的観光客が多く集まる駅なら、確実に窓口で購入できます。

また、Tabacchiでも購入可能です。


このチケットは本当に便利です。
地下鉄以外にも、路線バス、トラム(路面電車)、
そしてローマ市内のFS(旧国鉄)の列車も乗り放題です。

(注意)
新しい地下鉄の路線(C線)の工事をしているため、
2012年4月まではA線の運行時間が21時までに短縮されています。
土曜日のみは23時半まで通常運行です。



次に、大人気で行列必至のフォロ・ロマーノとコロッセオの観光について裏技をご紹介します。

この2か所は、チケットを購入するための大行列ができます。

この2か所とパラティーノの丘を合わせた3か所の共通チケットをどこかで購入すれば、
他の2か所はほとんど並ばずに入れるのですが、
1か所でそれを購入すること自体かなり時間がかかってしまうことが多いです。


そこで私がお勧めするのが、

穴場スポットのカラカラ浴場に最初に行って、そこで

「9か所共通券」ARCHAEOLOGIA CARD を購入するという方法です。

これは23ユーロなので少しだけ高くつきますが・・・・

その代り、上記3か所以外の6か所にも、1週間以内であればいつでも行くことができます。

カラカラ浴場でのチケット購入は、まず並ぶことはないでしょう。


せっかくなので、カラカラ浴場もしっかり見学。

もちろんここも見ごたえありです。


画像



色鮮やかな浴場のタイルが今でも残っています。

画像



そのあと、共通チケットを持って悠然と他の人気スポットに入場。


順番的には、まずパラティーノの丘。

画像



そこから坂を下るとフォロ・ロマーノ。


画像


画像



そのあと、コロッセオ内に入る前に、コロッセオの目の前のカフェ、
La Biga Wine Foodで休憩。



フローズンヨーグルト。
画像



そのあと、いよいよコロッセオ内部へ。

画像



もし体力が残っていれば、歩いて「真実の口」のあるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会まで行くこともできます。

18時を過ぎていたので今回は手を突っ込むのをあきらめ、
教会の写真だけ撮りました。

画像


その教会を超えてもう少し歩くと、テヴェレ川を渡る橋があります。

夕暮れ時はこんな感じです。

画像



川を渡ると、ローマの下町、トラス・テヴェレ地区です。

ここはローマの地元料理を楽しめるグルメスポットでもあります。

私は、地元料理というよりも美味しい魚介料理の店に入りました。

Ristorante COMPARONE in Trastevere




まずはがっつりシーフードサラダ。

画像


今まで食べた中のNo1ペスカトーレ。

画像


一生忘れられない、スカンピ三昧。

画像



それ以外のグルメスポットをご紹介します。



スペイン広場に行ったらぜひ!ランチにお勧めです。


Canova Tadolini



こんな彫刻に囲まれながら食事をすることができます。

画像


タコのカルパッチョ。芸術作品。

画像


本場ローマのカルボナーラ。

画像



















ローマの平日 イタリアの休日
コモンズ
大原 悦子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローマの平日 イタリアの休日 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
写真を掲載する旨、事前に何の断りもなく、普通に考えてルール違反だと思うのですが、いかがでしょうか。御社の取材をやめたのも、御社にかかわる問題のためで、東京の読売新聞社側の諸事情によるものではありません。もう一つ、この店は現在、この場所にありません。
読売新聞 末続哲也
2012/12/23 08:17
末續様

その節は大変お世話になりました。

写真の無断掲載につきましては、御迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

なお、取材の件につきましては残念ながら認識に大きな隔たりがあるようですが、御社にとって不適切と思われる箇所はBlogからカット致しました。
ご理解の程どうぞよろしくお願い申し上げます。
管理人
2012/12/23 13:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
【イタリア旅日記6】ローマ市内の観光情報 TDLA日記(Diary)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる